忍者ブログ

[PR]

2017年04月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夫婦の生命保険について

2020年03月21日
当サイトは、生命保険の見直しや新しく加入したいという方のために選び方のコツやポイントを掲載しています。今や、保険はネットでいとも簡単に加入できますが、自分にあった保障内容をしっかりと吟味して加入しないとかなり損をするということをご存じでしょうか。

CMなどで何となくお得そうだったからという理由で簡単に申し込むと、あとでこんなはずじゃなかったということになりかねません。保険は一生かかってくる出費なので、正しい知識、選び方を身につけるためにこのサイトをご利用ください。

今現在、加入している保険に不満を感じていることはありませんか?例えば、知り合いに勧められるまま加入してしまった、保証内容と払っている金額が相場に対して適正かどうかわからないなど、

月々の保険料や保障内容など保険に少しでも不満を感じているなら、保険を見直すタイミングです。また、子供の独立や結婚、出産を機に保険を見直す家庭が多いです。

子供ができたので手厚い保証内容にしたい、保証内容はそのままで出費をおさえたい、などなど。ライフステージによって、適した保険が変わってきます。

現在加入中の保険に不満が一つでもあったり、ライフステージが変わったりしたらすぐに保険の見直しをした方が金額的にも相当変わってきます。生命保険はマイホームの次に大きな買い物と言われているぐらいですので、保証内容をしっかり把握し、自分に合った保険選びをしましょう。


夫婦に人気の保険相談サイト
  • みんなの保険アドバイザーは口コミサイトで評価の高い国内大手の保険相談サービス
  • 1000人以上のアンケートで満足度94%
  • 一例として、月額1万円の保険料だった人が3000円に
  • 所属しているFPは特定の保険会社に属していないので本当にいいものを紹介してくれる
  • 口コミサイトなどでもいい口コミばかりで初歩的な相談にも乗ってくれる
  • わずか数分で無料相談の申し込みができる



PR

更新時期の生命保険見直し

2014年03月22日
一度加入すれば終わりの商品ではないのが生命保険です。ライフステージの、家族の増減、住宅の購入、収入の状況などに合わせてその都度見直す必要 があるのです。

更新時期が、生命保険の見直しのタイミングとしてよく用いられます。ほとんどの定期タイプの生命保険の更新時期は、10年か15年で訪れま す。

ライフステージという観点からも10年、15年は変化が起きる時期です。子供の出生や独立、マイホームの購入など、様々なイベントがあることで しょう。

また、更新に伴い保険料がアップするはずです。生命保険を見直すのはこのタイミングを利用するといいでしょう。

保険会社から更新の連絡が、生命保険の更新時期が迫ってくると届きます。多くの場合、新しい商品などの転換契約を求めてくると思いま す。

転換契約のほとんどがこれまでの契約を解約させ、新しく契約を結ぶので旧契約のメリットが失われます。検討をさせずに早期更新を迫ってくる場合 もありますが、焦る必要はありません。





生命保険の約款とは

2014年03月22日
今、生命保険に入っている人は、契約するときに、きちんと約款を見たのでしょうか。多くの人は約款をよく見ていないのではないでしょう か。

約款は、小さな字でびっしり書かれているため、たいへん読みにくい資料になっています。保険会社との契約書に相当するものが約款です。重要な項 目も多く書かれていますから、契約前に必ず読むことをお勧めします。

とはいえ約款は膨大な量になります。専門用語も多く、一度読んだだけで理解できないことも多いでしょう。これを避けるためには、約款を要約した しおりを読むのがよいでしょう。

このしおりの中には、約款のとくに重要な項目である申込書の記入方法、主契約と特約の内容のほかに、保険金の支払われる場合や支払われない場合 などが記載されています。そのほかには、健康状態、職業などの告知に関することも書かれています。

これは重要事項を抜粋したものなので、約款を読むのがたいへんと思う人は、しおりだけでもきちんと読むことをお勧めします。







掛け金と保証金額の平均

2014年03月22日
生命保険に加入する際に、一般的にはどうなのだろう。と気になることはありませんか。他の人はどのくらいの保険料をはらっているのか、いくらくら いの生命保険に加入しているのか。

などについては、個人的なことなので、なかなか聞けないことです。参考として、生命保険に関する気になるデータを紹介しましょう。

生命保険の一般的なデータとして最初に気になるポイントが、どのくらいの生命保険に加入しているかということだと思います。生命保険文化センターによる 「平成24年度生命保険に関する全国実態調査」の結果をみると、

年収のほか、年齢や保険加入者の性別などにより異なりますが、平均的には死亡保険金として約2760万円が受け取れる生命保険に入っています。 対する年間の保険料の平均は41.5万円になります。

保険料の支払額や死亡時の保険金はたいへん気になりますが、重要なことは、自分を含む家族にとってどれぐらいの保障額が生活するために必要か、 その保障額に対していくらの保険料が必要かということです。







まずはどういう保証が必要かを考える

2014年03月22日
まず、自分また自分の家族に、現在加入している保険が適したものなのかを把握しましょう。その上で具体的に見直す際の方向性を決めます。保障性の 高い保険商品がいいのか、貯蓄性の高い保険商品がいいのかなどです。

保険のプロであるFPに教えてもらいながら現状把握ができるということが最大のメリットである保険見直し相談のサービスは、自分にあった保険の 紹介も受けられます。お薦めなのはFPなどの専門家に教えてもらうことです。複雑な保険商品についての知識や情報の収集は個人の力では限界があり ます。

保険見直し相談にも、有料のサービスと無料のサービスとがあります。一概には無料のものが絶対に良いとは言い切れないのですが、まずは無料相談 のサービスで金銭負担のないものを利用してみましょう。

その後、セカンドオピニオンのような形でさらに客観的な意見が欲しかったり、より詳細な分析結果を望む場合、有料相談を受けてみてもいいでしょ う。ですが大抵の場合は無料相談で満足できる人がほとんどです。









 | HOME | 次のページ »